自動車におけるOTA技術

学習

自動車業界は100年に1度の変革時代に突入しています。
CASEを軸に大きな変化をしてきています。
CASEとは、

  • Connected (コネクテッド)
  • Autonomous (自動運転)
  • Shared & Services (シェアリングとサービス)
  • Electric (電動化)

今回はその中のコネクテッドに注目しました。
車におけるコネクテッド、いわゆるコネクテッドカーで注目が高まっているのがOTA(Over The Air)です。

OTA(Over The Air)とは

OTA(Over The Air)とは、無線通信を経由してデータを送受信することで、ソフトウェアのバージョンアップなどの用途で使用されています。
スマホでは無線でソフトウェア更新なんて当たり前の機能ですよね。
これまで自動車のソフトウェア更新はディーラー(販売店)での対応だったのですが、それが無線で自由自在に行われるのです。

なぜ、自動車業界においてOTA技術が注目され始めてきたのか。
おそらく、DCM(自動車における通信モジュール。つまりこれがあると外部と通信可能)や、4Gや5Gなどのネットスピードの高速化によって、自動車のソフトウェアという大きなデータでも問題なく更新ができるようになったためでしょう。

▼OTAについては以下の図が分かりやすかったです。
参照:日立製作所

OTAのメリット

OTAのメリットを紹介します。

  • 常に最新の情報にアップデートできる。
    車の中には数多くのマイコンがあり、そこにソフトウェアが組み込まれています。
    そのソフトウェアを常に最新情報へアップデートしておくことは、自動運転技術やバグの修正など安心で便利な車にしておくことができます。
  • わざわざディーラーへ行かなくていい
    ディーラーへ行く用途はは故障したときや更新をしたいときでした。
    でもOTA技術があれば更新のためにディーラーへ向かう必要はありません。

OTAの導入事例

▼テスラ

▼トヨタ

OTAに関する職種があるようです。

▼マツダ

新機能OTAについて書かれています。

まとめ

今回はOTAについて紹介しました。5Gの基地局が増していけばOTA技術は当たり前になるかも

コメント

  1. Hi there, after reading this remarkable paragraph i am
    as well cheerful to share my know-how here with colleagues.
    asmr 0mniartist

  2. I blog quite often and I really appreciate your content.
    This great article has really peaked my interest.
    I’m going to bookmark your website and keep checking for new information about once
    a week. I subscribed to your RSS feed too. asmr
    0mniartist

タイトルとURLをコピーしました