腸内環境を良くする方法【お腹がゆるい人へ】

レビュー

この記事はお腹がゆるく、くずしやすい人に読んでほしい記事です。

緊張をするとお腹がゆるくなることがあります。
しかし、腸内環境を良くしていくことでそれは改善されていきます。

もう電車の中や職場の会議中にトイレへ行きたくなることはなくなるでしょう。

1日45分の運動を週3回行う

一つ目は運動をすることです。

運動を良く行うアスリートは腸内環境が良い人が多いです。
理由は、適度な運動を行うことで善玉菌が増加され、腸内環境が良化していくためです。

では、単に運動と言ってもどのくらい行えばよろしいのでしょうか。

ある研究によると、1日45分を週3回行うのがベストらしいです。
また、長時間の有酸素運動(きつい運動)は逆に腸環境を悪化させます。
熱ストレスにより、腸に悪い影響を与えてしまうのです。
そのためアスリートでもプロのランナーなどは腸内環境が悪いという研究データもあります。

あなたがお腹を下しやすい原因は、運動しなさすぎもあるかもしれませんが、運動しすぎも該当するかもしれません。
ご注意ください。

自然に触れる

本当、自然に触れるって効果絶大ですよね。

たくさんの自然に触れることで腸内環境がよくなる理由ですが、空気中(特に自然)にはたくさんの微生物が存在しており、深呼吸を行うことで腸内環境を微生物がきれいに保ってくれるというわけなんです。

他にも自然に触れることは、たくさんの素晴らしい効果があるためぜひ近くの緑豊かな場所へ出向いてください。

観葉植物を家に置く

近くの自然がないよ~という都会っ子の人には観葉植物がおすすめです。

ある研究によれば、観葉植物を部屋に置くことでアイデアがおのずと浮かび、腸内環境もよくなっていくというデータがあります。

また、自然と触れ合う時間が少ない子供は問題行動を起こしがちというデータもあります。

子供とぜひ自然に触れあうという機会をつくってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、腸内環境をよくする方法を3つ紹介しました。
どれもすぐに実践できることばかりなのでぜひ今日から実践してみてください!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました