真の金持ちになるための考え方・行動

ビジネス

ディール(DEAR)を聞いたことがありますでしょうか?
このディールの考え方は仕事の生産性を上げるうえで最も重要な考え方です。
このディールを理解して、ニューリッチ(真の成功者)になろう。
ガムシャラに頑張るでは無く、新時代の成功定義を知りましょう。

最初にネタバレしておくと

・捨てること
・自動化すること

・そして、解放すること

D = Do(実行する)

DEARのDはDoです。実行することです。

ニューリッチの姿を明確にしていくのです。
オールドリッチとニューリッチはなんなのでしょうか。
ニューリッチは時間、オールドリッチはお金を大切にする傾向があります。

本当の幸せは時間を大切にすることです。
ニューリッチとオールドリッチはどういう時間の使い方をするのでしょうか。

定年退職まで同じ場所で働くのがオールドリッチです。
逆にニューリッチはミニリタイアを繰り返します。
たくさんのちょうどいいを実行していくのです。

ニューリッチは一攫千金をねらうわけではなくミニリタイアをしていくのです。
月の満ち欠けのように、人生は上下するからそれに合わせて人生プランを変えていくのです。
年収はどこまでも高くしても本当の幸福は得られません。

E = Essential(効率的に)

ニューリッチはどんどん捨てていきます。効率よく捨てまくります。
パレートの法則 (8、2の法則)を聞いたことがありますか?
本当に大切なのは2割だけで、どうでもいいことが8割という法則です。
つまり成果に繋がるのは2割だけであり、8割で無駄な時間を費やしてしまってはいけません。

与えられた時間を与えられただけしてしまうのがオールドリッチです。
もともと与えられた時間だけやってしまうため、複雑にしたり、ゆっくりしたりしてしまうのです。
与えられた期限で仕事を終わらすのではなく、ものの数時間で終わらせてしまいましょう。

そのためには、どれが重要な2割なのか?残りの8割は切り捨てていく必要があります。
捨てるのは怖いかもしれませんが、最初は4、5割ほど捨てることから始めてください。

ここからは私の個人的な意見ですが、今回のコロナ禍の中で仕事をどのようにしていくべきか考える機会があったかと思います。
でも意外と、在宅勤務でも仕事ができることが分かりましたよね?
これは仕事が止まってしまうと売り上げが落ちてしまうという危機感を会社が持ち始めたため、そのようにシフトさせたのです。
その結果、通勤時間や会議の時間などの無駄を大幅にできることができたかと思います。
常に、危機感を持って行動することが効率よく動くことのできるベースの考え方になるかもしれません。

A = Autonomous(自動化)

ちょっと効率の話に似ていますが、自動化することも大事なことです。
自分の労力を注ぎまくるぞ~!でも外注できる部分は外注させよう、などお金を払って自動化できる部分を増やしていくことがニューリッチへと繋がっていくのです。

外注した方がコストかかるかもしれませんが、その分自分の時間に割けることができ、お得になることだってあるのです。
人に任せられるのは人に任せましょう。長期的な視点を持つことが大切です。

R = Release(解放する)

最後は解放をしましょう。これはマインド的な話です。
効率化して、自動化してしまうと自由な時間を手に入れてしまいます。
自由な時間を手に入れると何をするか悩むかもしれませんが、職場から消えてしまいます。
時間的に解放されて、挑戦をしよう!
そうやって経験を積んでいけ、手に職をつけ、趣味を新しい仕事とするのです
永遠の引退ではなく、ミニリタイアを行うのです。
そうすることで週4時間だけ働くということが実現するのです。

以上が、DEARの4ステップでした。

オールドリッチではなく、ニューリッチになりましょう。
成功の定義を捕まえるために、真っ先に何を捨てるのか、自動化するのかを考えつくすのです。
最後に解放されて自由な時間を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました