YOKONE3を使えば睡眠後に疲労感を感じなくなります。

レビュー

今回紹介する商品は、YOKONE3という枕です。

こちらでも購入できます。

横向き寝枕 YOKONE3
横向き寝専用の枕、YOKONE3(ヨコネスリー)のムーンムーン公式通販サイトです。TBSテレビのバックステージでも紹介された人気の枕です。睡眠時無呼吸症候群やイビキ対策としておすすめの枕です。高さ調整もできる枕で呼吸がスムーズにでき、睡眠の質も高めることが期待できる枕です。

このYOKONEという枕、なんと2万円もします。

枕にそんな高いお金払うなんて馬鹿馬鹿しいよ!
寝られればどれも一緒なんだから!

と思う方は、ぜひこの記事を読んで、YOKONE3の重要性に気付いてください。
そして日中の生産性を上げるためにも購入を検討してみてください。

この記事の目的

  • 寝ても寝ても、疲れが取れた感じがしない方。

寝ても疲労が取れない原因

疲労が取れない方の大半の原因は、いびきです。

いびきを無意識にかいてしまっているのです。

また、いびきをかいていないとしても、もともと肺活量が少ない場合は、一度に取組む酸素の量が少ないため実はいびきをかくのと変わらないくらい疲れが溜まってしまうのです。

なぜいびきをかくと脳疲労が溜まるの?

空気が通るときに、呼吸が喉と摩擦を起こしいびきとして音が鳴るわけです。
この摩擦音があるということは、上手に呼吸ができていない、スムーズに息ができていない状態です。

眠っている間に人は平均で4000回くらい呼吸をするらしいですが、いびきをかくことは負担のかかる呼吸をしているため、どれだけ寝ても疲れが取れないというわけなんです。

しかもいびきをかいていると、取り組める酸素の量が劇的に下がります。

人間は脳を動かすために酸素を必要とするため、酸素の量が少ないと脳が疲れやすくなってしまいます。
脳が疲れると強い眠気や集中力の低下や倦怠感が生まれてしまいます。また、日中の作業にも悪影響を及ぼします。

いや、いびきっておデブな方がかくもんじゃないの?
俺は細いから関係ねえわ。

と思っている方もいるかもしれません。
もちろん首周りに脂肪をたくさんお持ちの方は、首が圧迫され呼吸がしづらく無呼吸症候群になると言われています。
しかし、身体の細い女性の方は、肺活量も細いため無呼吸症候群になりやすいことが分かっており、どんな人でもいびきを書く恐れがあるのです。

睡眠後の疲労を抑える方法

それは横向きに寝ることです!

仰向き寝の場合、重力によって舌や顎の筋肉が押されてしまい、気道が狭まってしまうのですが、横向き寝だと気道が確保され、呼吸がスムーズになるのです。

でも、市販の枕って横向きを前提に作られていません。

それでおすすめなのが、YOKONE3なのです。

この枕は横向き寝しやすいように設計されているため、正しい寝姿で寝ることが可能になるのです。
もちろん仰向き寝も対応していますが、今後は横向き寝を意識してみてください。

これ2万円くらいするので、普通の枕よりはかなり高額ですが、脳疲労を減少させられるとなると安い買い物です。
しかも睡眠って絶対毎日とるものなので自己投資にはかなり良いアイテムだと思います!

以上

自律神経が乱れるヤバイ眠り方&その対策
0

コメント

  1. Have you ever thought about publishing an ebook or guest authoring on other websites?
    I have a blog centered on the same subjects you discuss and would love to have you share some stories/information. I know my viewers
    would enjoy your work. If you’re even remotely interested, feel
    free to send me an e-mail. 0mniartist asmr

    0
  2. Hurrah! Finally I got a weblog from where I can really get useful facts concerning my study and knowledge.
    asmr 0mniartist

    0
タイトルとURLをコピーしました