変異種ではなく変異株です

ビジネス

昨年12/19に英国ボリス・ジョンソン首相から英国で感染力が7割強くなった変異株が出現し、急速に英国内で拡大している声明がだされました
そして今年1/19には静岡県で市中感染と思われる変異株よる症例が確認されました。

また埼玉・東京で初のクラスターが起き、5人の感染が確認されました。

変異種、初のクラスター 埼玉・東京の5人感染
厚生労働省は30日、埼玉と東京の40~60代の男女5人が、英国で広がる変異した新型コロナウイルスに感染したのを確認したと発表した。このうち埼玉の男女3人は既に感染が判明している男性の職場の同僚や顧客

この記事を書いている1/30時点では変異”種”となっていますね。

国内の報道においては、変異“種”という表現が一部報道機関で統一して用いられているようですが、これは学術的には誤用となるようです。

変異株と変異種の違いとは

変異株は、突然変異により変化した遺伝情報の影響を受けた一部の性質が変化していますが、もともとの生物の種類は変化していません。この場合、同じウイルスの複製バリエーションにすぎませんので、ウイルスの名称は変化しません

一方、極まれに近縁の生物種の間で多くの遺伝子の交換(組み換え)が起きると、2つの生物種の特徴を併せ持った新しい生物種が誕生することがあり、その場合には変異“種”と呼称されます

今回の変異株は、依然として新型コロナウイルスのままですので、変異“株”と呼称すべきなのです

これは正式に日本感染症学会より報告されています。

学会では、この誤用により差別や偏見を与えたり、無駄にパニックにさせてしまったりする可能性があると示唆しています。

新型ウイルスが発生したかのような用語を用いることは、今後に新しい差別を引き起こす可能性もあります。このような場合には、単なる誤“用”ではなく、誤“報”と同じ意味を持ちかねません。

と記載されています。

これを読むと、間違えないようにしなければと思うが少し厳しくないかな?とも思いました。
テレビの報道者は学者ではないし、このような事態の経験もないため変異種と変異株の違いなんて絶対分からないと思います。
おそらくほとんどの人は、変異種を変異株の意味で使用しています。龍と竜のように。

でも、報道者なのだから正しい情報を国民へ伝える義理がありますね。
これは正しいのか、報道していいのかをしっかり見極めたうえでの報道が今後の国民の勘違いをなくすためにも重要ですね。
しかも今の時代、報道すると一気に情報は拡散してしまいます。
そのため、一般的にもう変異種という言葉で馴染んでしまっています。
今からはもう手遅れかもしれませんが、今後は・・・ってことですね。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました